第30回金属の関与する生体関連反応シンポジウム

SRM2021

SRM2021

本シンポジウムは生体微量金属元素に関する研究を討論主題とします。(i) 金属イオンの細胞内輸送、(ii) 金属結合タンパク質の構造−機能相関、(iii) 金属酵素の触媒反応機構とモデル、(iv) 金属元素および化合物の生理活性や体内動態、(v) 金属元素及び化合物の医療への応用、(vi) 金属イオン・金属含有タンパク質による遺伝子発現の制御等について、最新の研究成果の議論を行います。

学生・若手研究者の発表に対して、ポスター発表及び講演賞(口頭発表)を授与します。

新型コロナウィルス感染拡大の現状を踏まえ、オンライン開催に変更しました。(2021/5/8)

主催: 日本薬学会物理系薬学部会
協賛:日本化学会、錯体化学会


問い合わせ先(SRM2021事務局)

〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学理学部
TEL: 029-228-8718
E-mail:srm2021 [at] ml.ibaraki.ac.jp

重要な締切・お知らせ

    講演申込:
    2021年5月14日(金)まで
    2021年5月21日(金)まで
    2021年5月23日(日)まで

    要旨登録:
    2021年5月21日(金)まで
    2021年5月28日(金)まで

    事前参加:
    2021年6月4日(金)まで